2023年3月13日(月)~14日(火) 1泊2日

 

行きは青春18切符を使い1泊、次の日に沼津アルプスを歩き、新幹線で帰るという計画です。

沼津アルプスは、香貫山から大平山へと続く七山七峠の山稜戦の総称をいいます。

天気が良ければ富士山も見えるというので他のs実です。

 

3月13日(月) 1日目

 

岡山駅を7時7分に出発、網干・野洲・米原・大垣・豊橋・浜松(14時15分着)と、ここまでは順調に移動しました。

 

浜松を過ぎると、人身接触事故とその処理で泊まる予定のない「金谷駅」で約1時間30分、停車しました。

小さな駅で何もすることがありません。

16時42分、やっと電車が動き始め、沼津駅到着は、18時38分(予定では16時46分)でした。

そこからバスに乗り、今日の宿である民宿「みのり荘」に到着したのは、19時11分(予定では17時22分)でした。

 

今日の宿「みのり荘」は沼津アルプスの拠点にもなっており、料理も素晴らしく、人気の宿です。

 

19時25分、夕食

船盛(4人前)から始まり、海の幸満載の料理が並んでいます。

 

キンメダイの煮つけ(これも4人前)も大きい!!

締めのデザートはミカンでした。

 

3月14日(火) 2日目

 

「みのり荘」の目の前には海が広がっていて、船も停泊しています。

 

6時30分、朝食です。

 

「みのり荘」を7時14分に出発です。宿の車で登山口まで送ってもらいました。

 

実際に歩いた地図

 

7時19分、登山開始です。しばらくは舗装道路を登っていきます。

 

三叉路を通過(7時24分)

 

7時41分、いきなりごろ石の登山道です。

 

8時3分、多比口峠に到着、ここに荷物をデポして大平山に向かいます。

木の根とごろ石だらけの道です。

 

8時18分、大平山(356m)に到着です。

 

多比口峠まで戻り、鷲頭山を目指します。

 

ここからはものすごい急坂の下りです。しかも、木の根が岩をも包み込んでいる有様!!慎重に下っていきます。

 

太い木の幹に細い蔓の木が貫通して大きく伸びています。

 

ウバメガシの岩尾根です。

 

緊張しながら下っていますが、椿の花と青木の実が鮮やかで、心を和ませてくれます。

 

9時31分、多比峠に到着です。

 

大平の街を望みながら進んでいきます。

 

9時51分、鷲頭山(392m)に到着です。

 

10時15分、小鷲頭山(330m)に到着

 

駿河湾?

 

カンアオイ

急坂、ロープありで下ります。

 

中将宮(10時49分)

 

ぼたもち岩(10時55分)

 

志下峠(10時55分)