2022年5月24日(火)~28日(土)

昨年10月に引き続いて東北海道を訪れました。新緑の風景が楽しみです。

 

1日目 5月24日(火)

自宅から神戸空港まではマイカーを使いました。(7:15発)

空港までの道のりはナビまかせです。(山陽IC…7:48)

予想に反して神戸西インター経由となりました。

途中、三木サービスエリアでトイレ休憩。(9:04~9:15)

 

神戸空港併設の駐車場に到着したのは10時10分

神戸西インターから神戸空港までの道のりはややこしく、「カーナビ・スマホナビ・人の指示ナビ」を頼りに、やっと空港へたどり着くことができました。(三木JCT…9:27、京橋IC…9:54)

 

神戸空港を利用するのは初めてであり、比較的空いていた併設駐車場も神戸便利用者であれば1日1000円弱で利用できます。

 

空港内のうどん店で早めの昼食(11:00)

 

出発時間まで、ラウンジでPC作業を済ませます。(12:00)

 

PCの画面が壊れていて外付けモニターで代用しているため、配線作業に一苦労。

 

12:40発 スカイマーク173便 ボーイング737

 

当日の飛行経路

神戸空港は伊丹空港や関西空港と近いため、進入など離発着時の飛行経路としては空港西側方向の空域を使用しているようです。

 

京都府 天橋立(12:58)

 

石川県 能登半島と能登島(13:13)

 

スカイマークはネッスル日本とコラボして、ネスカフェとキットカットを長距離便に無料提供しています。

 

搭乗率は50%程度と思われます。

 

本州最北端の大間崎(青森県 下北半島)を通過 (13:57)

 

快晴に恵まれ、予定よりも早く新千歳空港に着陸できました。(14:20)

 

空港到着後、空港内にあるレンタカーデスクに向かいます。(14:34)

 

空港から、予約してあるレンタカー営業所までは、レンタカー会社が送迎してくれます。(14:49)

 

レンタカーもスムーズに借りることができました。

岩見沢までは高速道路を使わず、下道を走ります。途中の長沼町まで、幅の広い片側2車線の自動車専用道路が続きます。

 

宿泊する旭川のホテルまでの道のり

下道を通ると、上の地図のように岩見沢まで最短距離で到達できます。

千歳空港から高速道路を使った場合、札幌郊外まで遠回りして岩見沢に向かうので効率が悪いです。

下道利用はナビの到着時間比較でも同じであり、ガソリン代や高速料金が安くなるだけメリットも大きいです。

 

下道といっても、北海道の主要な下道は道幅が広く交通量も少なく見通しもよく、「実質」高速道路と変わりません。(15:38)

ただ制限速度のMAXは、この旅行で経験した限り50km/hでした。冬場の降雪の影響?

 

快適な下道を抜け、岩見沢ICへ(16:09)

 

道央自動車道を北上(17:11)

 

旭川鷹栖ICを下り、宿泊先の旭川アートホテルに着いたのは18:00

ホテルの部屋は、ゆったりとしたトリプルルームでした。

 

旭川ラーメンを食べるために、るるぶを参考にしてホテルに程近い「一蔵本店」に向かいました。(18:30)

 

塩バターラーメン(左)と味噌ラーメン(右)

他にもラーメンの種類が多く、何が旭川ラーメンの特徴かよく分かりませんでした。

 

宿泊先 旭川アートホテル

ラーメン店からの帰り道です。だんだん薄暗くなってきました(19:00)

 

1日目 5月25日(水)

5月にも関わらず、早朝4時半には朝陽が街なかに差し込んできます(4:33)

 

ホテル最上階の展望レストランで朝食(6:58)

 

8時前にはホテルを出発して、「富良野国道」とよばれる国道237号線を南下し「白金青い池」方面に向かいました。

 

25日(水)の行程

 

富良野国道を左折

白樺街道と呼ばれる、白金青い池までの平坦な道(8:33)

 

白金青い池に到着(8:35)

6年前に訪れた際、舗装されていなかった駐車場も、数年前新たな場所に整備されてましたが、500円の駐車料金が必要となっていました。

 

駐車場から堰堤沿いに池の奥へと進んでいきます。(8:41)

 

ブルーの絵の具を溶かしたような水の色(8:43)

 

立ち枯れたカラマツの木々(8:44)

 

遠くに十勝岳連峰が顔を覗かせています。(8:48)

 

白金青い池をあとにして、近くにある「白ひげの滝」へ(9:07)

 

雑誌写真からの印象では大きいイメージがありませんでしたが、実物は迫力がありました。

注ぎ込む美瑛川は青白く、これは下流の青い池に繋がっていることを意味します。

 

 

白ひげの滝の案内板

川の水が落下する滝ではなく、断崖から伏流水が流出しています(9:09)

 

白ひげの滝をあとにして中富良野町にあるファーム富田へ

駐車場から、中に入ると新緑のポプラ並木が続きます。(9:52)

 

まだ、植え付けたばかりの花々が多いです。(9:54)

 

(9:58)

 

春からラベンダーの本番である初夏までは、アイスランドポピーを代表とする宿根草が咲き競います。(10:01)

 

(10:04)

 

グリーンハウス(10:07)

 

ベニバナトチノキ(10:08)

 

スズラン(10:11)

 

夕張メロンとラベンダーのソフトクリーム:1個300円(10:22)

 

ファーム富田の観光を終え、駐車場からは十勝岳連峰をはっきり見渡せました。(10:34)

 

富良野国道を北上して「四季彩の丘」へ(11:07)

 

四季彩の丘からは、十勝岳連峰がくっきり見渡せます。

 

花々の植え付けが終わったばかりであり、夏になると虹の模様のように咲き誇ることでしょう。(11:12)

 

ケンとメリーの木 (11:39)

 

昭和47(1972)年に日産自動車「愛のスカイライン」の「ケンとメリーのCM」で取り上げられたポプラの木です。(10:47)

 

「ケンとメリーの木」の駐車場からは、みごとな菜の花畑を見渡すことができます。

また、菜の花畑の先には「北西の丘展望公園」あり、ピラミッド型の展望台が少し見えました。

 

ただ、旅行中には「北西の丘展望公園」の存在に気付かず、菜の花畑の間を車で通り過ぎてしまいました。(11:53)

 

セブンスターの木(12:10)

 

昭和51(1976)年に観光たばこ「セブンスター」のパッケージに使われました。

 

近くにあるシラカバ並木も美瑛の雰囲気にマッチしています。

 

「セブンスターの木」駐車場からの眺め

 

あまりにも素晴らしい景色に、思わず記念写真

 

旅行中の5日間を1000㎞以上走りぬいたレンタカー

まだ数千kmしか走行していない新車の「ヤリス」でした。

 

駐車場からのパノラマ写真(12:16)

 

マイルドセブンの丘(12:39)

 

昭和52(1977)年、雪景色に包まれた景観が、たばこ「マイルドセブン」のCMに使われました。

美瑛を後にして(12:45)、旭山動物園近くのセブンイレブンで昼食を購入。車の中で食事を済ませました。

 

愛別ICから旭川紋別自動車道を経由して上川層雲峡ICを下り国道39号(大雪国道)を進むと、前方に大雪山が見えてきます。(14:09)

 

層雲峡を通過(14:22)

 

このまま宿に着く時間としては早すぎるので、銀河・流星の滝に立ち寄りました。(14:33)

まず、流星の滝

 

遊歩道を進んでいくと、銀河の滝が見えてきます。(14:38)

 

駐車場に隣接する売店の横から山道を上って、「双瀑台」と呼ばれ2本の滝を同時に見られる展望台を目指します。(14:41)

途中で見られる花々はシロバナエンレイソウとニリンソウです。

 

勾配のきつい山道を10分ほど上り、2つの滝がはっきり見える場所に到着(14:48)

 

本来は、あと10分ほど上ると滝がはっきり見える「双瀑台」に到着できるものの、諸事情から行くことを断念しました。

 

温根湯温泉に到着(16:03)

 

宿泊する「大江本家」の正面玄関(16:11)

 

部屋で一休みして温泉に浸かりました。(17:00)

 

部屋の窓からは、無加川沿いに広がる温根湯の街を臨めます。(17:06)

 

「セット料理+バイキング」の食事となりました。(18:40)